国内の菊芋名産地をご紹介

世界各国で栽培されている菊芋は、日本でも栽培が盛んに行われている地域があります。育てやすい植物としても知られているのですが、日本では特にどのような地域で栽培されているのでしょうか。菊芋製品を検討するにあたり、押さえておきたい国内の名産地や、菊芋が育ちやすい環境についてご紹介します。

菊芋の国内名産地はどこ?

菊芋は特に、熊本をはじめとした九州地方で作られています。このあたりの地域では特産物としても知られており、実際に多くの方が毎日の食生活の中で菊芋を摂り入れているのです。国内名産地は、熊本、岐阜、茨城、佐賀、兵庫、長野などで、収穫量も多いといえます。また地域によって収穫量に差はあるものの、菊芋の栽培自体は日本全国で広く行われています。

菊芋が育ちやすい環境とは

菊芋はもともと北アメリカ北東部が原産地であることから、この地域と似た環境にある場所は育ちやすいといえるでしょう。 ですがそもそも、菊芋は非常に繁殖力が強いことでも知られています。そのためある一定の環境でなければうまく育てられないというよりも、過酷な環境でなければ育てられる、さらに言えば育ちすぎてしまう植物です。 実際にその繁殖力の高さから、外来生物法で要注意外来生物にも指定されています。ここからも育てやすいことが読み取れるのではないでしょうか。

イヌリン成分は寒暖差が影響

菊芋に含まれている成分のうち、特に注目されているのが血糖値に働きかけてくれるイヌリンという成分です。この成分は寒暖差が大きいことで増えるとされているので、そういった意味で言うと、菊芋の栽培に特に適しているのは寒暖の差が大きい地域だといえるでしょう。

手軽に続けるなら市販品がおすすめ

菊芋は食材としても活用できることから、健康対策の一環として自分で育てて食べようと考えている方もいるのではないでしょうか。 確かに育て易い植物ではありますが、できるだけ手軽に継続したいのなら、やはり市販品を選ぶのがおすすめ。サプリメントなら味が気にならないものも多いので、継続しやすいです。

菊芋サプリ・糖質サプリランキング第1位は!

ランキング結果

役立ちコラム