機能性表示食品とは?

健康にこだわった生活をしたいという方の中には、「機能性表示食品」と呼ばれるものに注目している方もいるでしょう。ただ具体的にどのような魅力があるのか、何に良いのかがよくわかっていない方もいるはず。ここでは、機能性表示食品の基本についてご紹介します。

機能性表示食品とは何?

消費者庁が発表している資料によると、機能性表示食品とは「事業者の責任において科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品」と説明されています。 勝手に機能性表示食品を名乗って良いわけではなく、販売前にきちんと消費者庁長官へ安全性や機能性に関する情報を届け出なければなりません。 大きなカテゴリの中で言うと保健機能食品の一つという扱いになり、一般食品とは異なり機能性の表示ができるのが大きな特徴です。

参考:(PDF)消費者庁:「機能性表示食品」って何?[PDF]

機能性表示食品の摂り入れ方のポイント

機能性食品を摂り入れるにあたり、注意しておきたいポイントは次の通りです。

過剰摂取に注意

勘違いしてはいけないのが、機能性表示食品は薬とは別物です。機能性表示食品を摂り入れたからといって、薬のように病気が治るという性質のものではないということをよく理解しておきましょう。あくまで健康の維持や促進に役立つ働きを持った食品という扱いです。 また、大量に摂り入れれば、それだけ大きな変化が実感できるとは考えないようにしましょう。摂り入れすぎた場合にはある一定の成分の過剰摂取になり、健康に悪影響をもたらす可能性もあります。

どのような効果が期待できるのか確認

機能性表示食品は、その製品を摂り入れることにより特定の保健目的が期待できる製品のことです。気になっている機能性表示食品をよく確認し、どのような働きが期待できるのかを確認しましょう。 自分の求めている働きが期待できるものを選ばなければなりません。

基本の食生活も大切

機能性表示食品のみを摂り入れれば健康になれるわけではありません。普段の食生活や運動習慣などもしっかり整えましょう。

菊芋サプリ・糖質サプリランキング第1位は!

ランキング結果

役立ちコラム