産地で探る菊芋のヒミツ

菊芋は日本だけでなく、世界各国で育てられています。その大きな理由が、栄養素が豊富で、栽培が容易だということ。日本の食料難の時代に活躍した実績もあるわけですが、産地によってどのような違いがあるのか気になっている方もいるはず。特に気になる国産と海外産の菊芋商品の違いについてご紹介しましょう。

菊芋の主な産地はどこ?

海外では北アメリカが原産地として知られていますが、各国で育てられています。日本で菊芋の栽培が盛んな地域は、熊本をはじめとした九州地方です。食材としてそれほどメジャーなものではないということもあり、スーパーなどで手軽に購入できる野菜ではありません。全国各地で栽培されてはいるものの、生で販売されることは少なく、健康食品向けに加工されて出回っています。

国産菊芋の強みとは

海外でも盛んに栽培が行われている食材ということもあり、菊芋関連商品の中には国産のものではなく、海外産の原料を使ったものも多く存在しています。しかし地産地消の問題を考えると、やはり品質や鮮度が安定している国産の原料が使われている食品が理想的。海外産の原料の中には、安全性や品質の基準が一般人には理解できない物も多々ありますよね。しっかりとした基準を守って作られた日本産の商品なら、日本の安全基準で安心して取り入れていくことができるはずです。

信頼できる商品を取り入れよう

菊芋の産地による違いについてご紹介してきました。取り入れる際には、できるだけ信頼度が高いものを選びたいですね。日本は世界的に見ても食品管理の基準が高いことで知られています。実際にほとんどの工場で非常に安全性にこだわった商品開発・製造がされているので、国産のものなら安心して取り入れていけるのではないでしょうか。

菊芋サプリ・糖質サプリランキング第1位は!

ランキング結果

役立ちコラム