糖質制限について

しばらく前までは、ダイエットをする際にカロリー制限が主流でしたが、近年は糖質制限というものに切り替わっている傾向があります。糖質制限とは、その名の通り糖質を制限する食事法のこと。ダイエットに役立つだけでなく、血糖値を抑えるのにも効果的とされている食事法です。糖質制限の特徴や、リスクなどについてご紹介します。

糖質制限とは何?

糖質制限とは、血糖値を上昇させる働きがある「糖質」を含む食品を制限することにより、血糖値の上昇を抑える食事法のことをいいます。 食事で糖質を摂取すると、血糖値が上昇するのを防ぐため、すい臓からホルモンの一種である「インスリン」が分泌されるのですが、インスリンは糖分を脂肪細胞に取り込む働きも持っているのです。

そのため、糖質をたくさんとればとるほどインスリンが多く分泌されてしまい、たくさんの糖分を脂肪細胞に取り込んでしまいます。食品から摂取する糖質量を抑えることができれば、インスリンの分泌も減り、余分な糖分を脂肪細胞に取り込まずに済むようになるのです。これがダイエットの分野で糖質制限が注目されている理由ですね。

糖質というとお菓子などの甘いものばかりを想像しがちですが、私達が普段よく口にする主食類である米や麺類、小麦粉などにも多くの糖質が含まれているので注意しなければなりません。糖質制限ではこれらの量を減らし、代わりに野菜や肉、魚などを摂り入れていくことにより総合的な糖質の摂取量を抑えます。

糖質制限にはリスクがある?

適度な糖質制限であればほとんどリスクはありませんが、極端な糖質制限は十分な注意が必要です。 特定の食品だけを食べることにより摂取できる栄養バランスが乱れてしまう方もいます。特に、糖質制限をすると肉類を食べる方も増えるのですが、野菜などもしっかり摂り入れてバランスの良い食生活を心がけましょう。

また糖質制限食を続けた場合に、心房細動リスクが上昇するとの報告もあります。糖質制限を始める場合は極端な制限をするのではなく、緩やかな糖質制限を検討してみてはどうでしょうか。

参考:「糖質制限食」に意外な盲点 心房細動リスクが上昇 脱水や炎症が原因か:糖尿病ネットワーク

菊芋サプリ・糖質サプリランキング第1位は!

ランキング結果

役立ちコラム