出版社が徹底調査 失敗しない菊芋サプリ・糖質サプリの選び方なぜ菊芋が糖対策の主役になったのか

なぜ菊芋が糖対策の主役になったのか

菊芋はカリウムや鉄分などのミネラルを含むほか、低糖質で、食後の血糖値上昇を抑えてくれる食品として知られています。しかし糖対策ができる食品として注目され始めたのはつい最近のことです。現在では「菊芋ブーム」と言っても良いほど話題になっていますが、なぜこれほどまでに菊芋の糖質への効果が注目され始めたのでしょうか。その経緯について知っておきましょう。

なぜ菊芋が糖対策の主役になったの?

菊芋が糖対策として注目を集めるようになった経緯をご紹介します。

効能について知られていなかった菊芋

菊芋に関しては昔から一部の医師が著書を出版するなどしていましたが、一般的にはあまり認知されていませんでした。 栽培しやすい作物であるため、国内でも昭和初期から一部の地域で食用として利用されていましたが、成分や栄養素について注目されることはなく、あくまでも「穀物」として活用されるのみだったのです。

菊芋が注目され始めたのはテレビ番組がきっかけ

そんな菊芋が注目されるようになったのはごく最近です。テレビ番組で「血糖値に効果がある」と紹介されたことをきっかけに、一気に火が付きました。 そのテレビ番組とはテレビ朝日で放送されている「名医とつながる!たけしの家庭の医学」です。2018年2月6日放送回にて、次のような内容が放送されて話題となりました。

スタジオでは、医師の弘世貴久(ひろせたかひさ)先生(東邦大学医学部内科学講座 糖尿病・代謝・内分泌学分野教授)がキクイモに含まれる「イヌリン」という成分のメカニズムを解説。さらにそのイヌリンが善玉菌の改 善にも役立つことも紹介する。

出典:朝日放送テレビ:過去の放送内容 2018年2月6日に放送した内容
このようにして菊芋が糖対策の主役に躍り出たのです。

菊芋サプリ・糖質サプリランキング第1位は!

ランキング結果

役立ちコラム