出版社が徹底調査 失敗しない菊芋サプリ・糖質サプリの選び方菊芋の成分「カリウム」について解説

菊芋の成分「カリウム」について解説

菊芋は食後の血糖値上昇を抑える「イヌリン」が含まれる食材として有名ですが、含有される栄養素はイヌリンだけではありません。人間の体にとって必要不可欠である「カリウム」という栄養素も豊富です。そこでカリウムの体内での働きと不足したときに現れる症状を解説し、菊芋に含まれるカリウム量についてご紹介します。

カリウムとはどんな成分?

まずはカリウムという栄養素の働きについて知っておきましょう。

カリウムの働き

カリウムは体内の水分量や体液のバランスに関わる栄養素です。

カリウムは、細胞内液の浸透圧を調節して一定に保つ働きがあります。ナトリウムを身体の外に出しやすくする作用があるため、塩分の調節に役立ちます。

出典:e-ヘルスネット:カリウム(かりうむ)
菊芋は食後の血糖値上昇を抑えるイヌリンと、ナトリウムを排出させる栄養素のカリウムの両方を同時に摂取できます。

カリウム不足で引き起こされる症状

カリウム不足になると、体内の水分量や体液のバランスが崩れ、ナトリウムをうまく排出できなくなります。さらに次のような症状が現れる可能性もあるため、摂取不足に注意してください。

一方、不足するとこれらの働きに影響することはもちろん、脱力感・食欲不振・筋無力症・精神障害・不整脈などの症状がみられることがあります。

出典:e-ヘルスネット:カリウム(かりうむ)


菊芋にはどのくらいカリウムが含まれている?

文部科学省によって公表されている「五訂増補日本食品標準成分表」によると、菊芋100g中に含有されているカリウム量は「630mg」とされています[1]。 カリウムはイモ類に多く含まれ、特に里芋で豊富な栄養素だと言われていますが、里芋でのカリウム含有量は「640mg」です[1]。つまり菊芋のカリウム含有量は食品中でもトップクラスだと言えます。

[1]参照:文部科学省:(PDF)五訂増補日本食品標準成分表(本表)いも及びでん粉類

菊芋サプリ・糖質サプリランキング第1位は!

ランキング結果

役立ちコラム